3/6 川越 音喫茶一乗     「Gyps」嶌田憲二(b)小林宏衣(vo)岸淑香(pf)畠山尚久(per)
3/10 希望ヶ丘 CASK                   今井慎一郎(pf)Trio 森永哲則(ds)
3/12 神田 神田音楽学校音楽祭   伊藤駿介(pf)石川真奈美(vo)土屋秀樹(g)
3/13 関内 AB SMILE                          Bico(vo)岩崎千春(pf)片桐聡(ds)
3/14 都立大学 珈琲美学      奥吉聡子(pf)池田雅明(tb)ジーン重村(ds)
3/19 大泉学園 In F                             太子きよ(pf)木村純(g)
3/21 高田馬場 サニーサイド    原野かずよし(vo)大江一輝(ds)関根敏行(pf)
3/22 希望ヶ丘 CASK                    「GYPS」 嶌田憲二(b)小林宏衣(vo)岸淑香(pf)畠山尚久(per)
                   Special Gest 土井徳浩(cla)
3/25 柴崎 さくらんぼ       原田俊太郎(ds)カルテット原川誠司(sax)紅野智彦(pf)
3/27 日暮里 Saru                            「Fado Nova」華崎雅子(vo) 木村純(g)
 

前回の書き込みから約一年振。
 昨年の緊急事態宣言からはもっぱらFace Bookに何やらかんやら投稿してましたが、
心内はFace Book上だけでも人と繋がっていたかったんかな?と。。
 FaceBookにはもう私的なコメントとかは投稿しないと思ってたのですが、、、、、
やっぱいつまで経っても幾つになってもふわふわしてて変わりませんわ。

さて、昨日は久しぶりに日曜日が休み、天気も穏やか、で1日中弓の稽古に参加。
弓は変わらない、射位に入り矢を番え、会を過ごして矢を放ち退場。その間の所作は普遍、それを繰り返し繰り返し移り変わるのは自分の心の中だけ。思考が先走ったり、悔しがったり、喜んだり、雑念が入れ替わり立ち替わり頭の中はグルグル移り変わる。
そもそも弓を始めたのはそれをなんとかし、平たく生きたい!その手助けを弓に委ねたのですが、、、、
なかなかどうしてそんな甘くはないっすね。考え出したら本末転倒や、と言い聞かせながらやってるももの気がつけば平たい心なんか何処へやらです。
今年で弓を初めて丸10年まぁ良く続いたなとそれだけは褒めても良いかと、でもそれは先生と周りの弓引きの皆さんが居るお陰の他ありません。

2B009F35-E056-4F4D-8BCF-CCCF134C1A88

以前コントラバスの先生から物事10年は続けないと何もやらないのと同じ、と教えてもらった事がありますがやはりそれを実感します。
今まで弓の先生に指摘され続けても感じられなかった、肘で体を押し開く、身体の中心で弓を引く等やっと身体の中に現れ出しました。「弓は骨法なり」と言われてますが湾曲した骨盤基底部から伸びてる背骨を凝る事なく感じると足の力肩の力も抜けてそしてあとは両肘を等しく感じてやると身体が「駒」みたいに軸を中心にグルグルと活動を始める。そんなこんやを感じられるとこまでは来れたような気がしてます。後は1番要の「自分から離れる」事。これはすぐ出来るかも知れないし、同じ思考でやってればまた10年かかるかもですが。いずれにせよ今の環境も含めこれから行きていくためには転換が必要だと言う事っすね。さてさてこれからどんな世の中、自分になって行くか?
鳥瞰しながら見ていければなと。

5CFEEFBE-8403-47D3-8493-89C554A9F69A

 

基本的に弓道場も自粛の為閉鎖されております。
ですが弓を引く際に的がある場所「安土」と言いますが安土は砂や粘土質で積み上げられてます。
特に僕の道場は粘土質が多いので少なくとも一週間に一回は土をほぐして水分を与えてやらないとカビカビになってしまいます。ですので週一回粘土質の安土を掘り返し水分を与えそして6人限定で整備の後1時間ほど試し引きをさせてもらえます。

E3D1138D-A393-4B56-84DE-F8EB336A4C15


で今日がその日でした。
久々に訪れた道場何時もと変わらずでしたが、今日はなんか道場が待ってました! と言うような感じで迎え入れてくれました。

弓を初めてちょうど10年経ちますがやはり継続に勝るもの無い。久々に弓引きましたが身体が所作等々おぼえているんですね。そして先輩、友人とで一心不乱に射をする。なんとも武道の大切な部分を皆んなのお陰で瞬時にキャッチ出来る。ありがたい事です。

そもそも僕が弓を始めたのはドイツの哲学者「オイゲン・ヘリケル」の著書「弓と禅」に出会ったからです。非常に興味深い著書で、かのスティーブ・ジョブス等々が座右の銘にしていやというくらいデジタル的化学的な1人者も熟読している本です。中身は追々書きますが「自分から離脱する」と言う経験でしか体験できない事を西洋人が明治時代に弓を通じて禅思想を経験していく様が刻々と書かれています。 
是非、ご興味のある方は今は電子書籍でも販売されてます。おすすめです。
という訳で今日は点数にしたら32点位の射でしたが動画貼り付けます。こんな感じで粛々とやってます。

YOU TUBE 
https://youtu.be/o99vzZafrQU

I started bowing in the first "Bow and Zen" by German philosopher "Eugen Helicel". It's a very interesting book that even Steve Jobs and others have perceived as being a digital chemist. I will write the contents one by one, but it is written momentarily that Westerners will experience Zen thought through the bow in the Meiji era that they can only experience by the experience of "leaving from themselves".
If you are interested, you can buy it now as an e-book. it's recommended.
That's why today I was shooting about 32 points, but I will paste the video. I'm doing this kindly

 

Face Book にも載せたんですがちと加えて書いて見ます。


残念ながら僕の大好きな叔父さん、(日光寺のおっちゃん)と呼んでました。
親父のお兄さんで何時も田舎に帰ると「ようもんできたな(帰ってきたな)!ご機嫌さん」(滋賀県弁)
と何時も出迎えてくれました。

容態が悪いと聞き直ぐにお見舞いに行った日奇跡的に体調が良く、僕の事も認識してくれました。
でも、、、、その後90歳で人生を全うされました。
滋賀県米原市の奥、日光寺と言うところで畑と山、近くに天の川と言う蛍が出るほど綺麗な川があるだけの場所。お墓参り、椎茸取り、おっちゃんに連れられ自然と触れ合わせてもらいました。
また従姉妹の姉、兄と僕の兄貴たちは同世代、僕はちょっと世代が下。良く泣かされましたが、おっちゃんがいるとなんとなく落ち着く。なんか僕にとっては守神みたいな存在でした。
もう、会われへんやな〜と思うと寂しい限りです。
冥福をお祈りしてます。
それに加えてこのコロナの状況、、、、厳しい4月(誕生日月でした。そして続きます。
 『Riksho』と言う僕のオリジナル曲を宅録してみました。人力車と言う意味のタイトルです。
以下がYou Tuneアドレス↓
4月一杯とにかく仕事は全部飛んでいき、全てキャンセル。そこで感じたのはとにかく今は動かず、発信せず、じっ〜と待つ事!考える事。

今まで試練のような時期は経験してきたつもりでいたし、自分で乗り越えて来たように思ってました、、だけで実は全くもって自分の力ではなく、周りの皆さんのお陰。自分で試練を乗り越えてきた!なんか、、思い上がりだけで自分の愚かさにあきれ果てております。
4月はとにかく禅の先生、鈴木大拙さんの著書を読み漁っておりました。
「日本的霊性」と「仏教の大義」「無心とは」ほんま凄い情報量!
鈴木さんは鎌倉で釈宗演老子の元で禅を学ばれ、、明治時代に渡米。
著者「Japanese Zen」をボストン時代に買って読んだのですが英語も凄い。
海外に禅の思想が伝わったのは彼の業績と言っても間違い無いと思います。

今回読んでてそこで突き刺さったのは『禅は時間を直線的にみんとする傾向を持つ』『自然はもともと一つで自然を分けててしまうところから迷いが生まれる』「人間生活は渾然として一つであるが我々の知性はそれを分析したがる」などなどほんまこの方の頭の中はどうなっているのか、物凄く濃い内容。
You Tubeでも演説の動画が上がっててようそんなに長い時間理路整然と話せせるな〜と。
講演の話を書き止めただけの本「禅とは何か」と言うのがあるのですが赤線だらけになる程沢山の宝の言葉が詰まってます。
改めてやはり著書だけでも信頼出来る『師』を持つ事改めてかけがえのない事なんだと。

で、今回稚拙ながら動画UPさせてもらいますが『ぼちぼちながら元気でやってますで〜!』と言う意味とこれからBlogを通じて僕の趣味の話等々ぼちぼち上げていきます。と言う事の初めです。
改めて、家族、ミュージシャンの友、友達、Live Houseの皆様に感謝しかありません、そして自分の命も顧みず皆んなの為に従事されてる医療関係者皆様には感謝の念に堪えません。
最後に『Riksho』とは人力車と言う意味です。僕の人力車、何処まで動く事が出来るか!精進します。

昨日4月と題して書きましたが、実は3月は何やら起こってました。

先ずは財布を無くした!じっと我慢する事2週間、やっぱ出てこなかった、、、
やむなく免許、クレジットカード、キャッシュカード、等々の 再発行、、無念。
やっぱ隙がある生き方をしてるんやと、猛反省。

そして僕が親族の中で一番大切な人、叔父さんの容態が芳しく無い。
容態が悪くなったと聞いて直ぐに滋賀県米原へお見舞いに、奇跡的にその日は調子が良く僕の事も認識してくれ僕の顔を見たときのおっちゃんの笑顔は忘れられない。

その後は容態は芳しく無いと言う連絡をもらいあの日逢いに行って良かったと思うところもありますが
やはり無念としか言いようが無い。家族のみんなはもっと大変やと思います。近くに従姉妹がいらっしゃるのですがその人の事を考えると胸が痛いです。
出来るならもう一度おっちゃんと滋賀の田舎道を一緒に散歩したい。
理想論で言うと家族を大切にする事がやはり自分本人が一番、エネルギーを頂ける事。
何時も僕にとって正面から話してくれた人。奇跡を願うしかありません。
 

↑このページのトップヘ